KIYOKAWA
リンク集 サイトマップ 文字サイズ スタイルシートが無効なため使用できません→

トップ > 暮らしのガイド > ペット > ペットを飼うにはマナーが必要です

ペットを飼うにはマナーが必要です

犬や猫を飼う一部の人のマナーの低下によって、フンや尿、鳴き声などに関する苦情が村に寄せられています。犬や猫を飼うときは、責任をもち、次のことに注意しましょう。

フンの始末は責任を持って行いましょう

  • 犬の散歩のときは、スコップやビニール袋など、フンを取る道具を持って行き、フンを必ず持ち帰りましょう。
  • 尿(マーキング)をさせないしつけをして、道路や公園、農地などを汚さないようにしましょう。

犬の放し飼いはやめましょう

  • 犬は散歩するときや庭にいるときでも必ずつないで飼いましょう。放し飼いをすると交通事故にあったり、他人の庭や畑でフンをしたり、人を噛むなど周囲の人たちに迷惑をかけるもとになります。

犬の飼い方について

  • 犬はきちんと登録し、鑑札と注射済票を首輪につけましょう。
  • 無駄ぼえをさせない、しないように散歩に連れていくなど, 適度な運動をさせましょう。

猫の飼い方について

  • 子どもを増やす予定のないときは、避妊や去勢をしましょう。
  • 野良猫にえさを与えないようにしましょう。 
  • 私達と共に暮らすペットたち。村ではペットに対する助成も行っています

    お問い合わせ先 税務住民課 TEL 046-288-3849
  • 〒243-0195  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216番地 電話046-288-1211(代表)