KIYOKAWA
リンク集 サイトマップ 文字サイズ スタイルシートが無効なため使用できません→

トップ > 各課の仕事 > 農業委員会事務局 > 農業者年金

農業者年金

農業者年金に加入しませんか

農業者年金とは、農業者の老後生活の安定および福祉の向上を図るとともに、農業者の確保を目的としている農業者のための年金です。
農業者年金は国民年金(基礎年金)の上乗せの年金で、サラリーマンの厚生年金に該当する位置づけとなっています。


○加入・脱退が自由にできます

20歳以上60歳未満の国民年金第1号被保険者であって、年間60日以上農業に従事されている方であれば、だれでもご加入できます。 また、農地を持たない農業者(畜産経営、施設園芸農家など)や家族農業従事者についてもご加入できます。


○確定拠出型の個人年金です

農業者年金は、加入者が積み立てた保険料とその運用収入に応じて、年金額が決まる確定拠出型年金です。 加入者・受給者の数に影響されない安定した制度で、運用状況などにより保険料が引き上げられることはありません (農業者年金基金で一元的に運用され、加入者が個人で運用するものではありません)。


○保険料は毎月2万円〜6万7千円

保険料は月額2万円から6万7千円まで、千円単位で自由に決められます。農業経営の状況や老後設計に応じて、いつでも見直すことができます。なお、最高で年額80万4千円まで納められます。


○80歳まで保証付きの終身年金です

年金は、原則、65歳から終身受給できます。仮に加入者・受給者が80歳より前に亡くなった場合は、死亡した翌月から80歳まで受け取れるはずであった年金が、死亡一時金として遺族に支給されます。 例えば75歳で亡くなった場合は、80歳までの5年分が一時金として遺族に支払われます。


○積み立て・運用状況が通知されます

運用成績を年1回、6月に加入者に通知します。付利通知といいますが、これにより加入してからの積立額とその運用益が一目で分かります。


○税制上の優遇措置があります

  • 保険料は全額が社会保険料控除の対象で、最高で80万4千円(年額)が控除の対象となり、所得税・住民税の節税効果があります。
  • 保険料の運用益も非課税です。
  • 将来受け取る年金も公的年金控除の対象で、65歳以上の方は公的年金などの合計が120万円までは全額非課税です。
お問い合わせ先 農業委員会事務局 TEL:046-288-3864

〒243-0195  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216番地 電話046-288-1211(代表)