KIYOKAWA
リンク集 サイトマップ 文字サイズ スタイルシートが無効なため使用できません→

トップ > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度:後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

制度の概要

(被保険者)
加入者
(1)75歳以上の方
(2)一定の障害がある65歳〜74歳の方(※申請が必要です。)
運営者 神奈川県後期高齢者医療広域連合と、県内の全ての市町村が協力して運営します。
皆様の窓口 清川村役場
 税務住民課 住民保険係
保険証 一人に1枚、後期高齢者医療被保険者証をお渡しします。
医療費の負担割合 一般の方 → 1割負担
現役並みの所得者の方 → 3割負担
受けられる保険給付 療養の給付
入院時の食事代
高額療養費など
保険料 保険料は被保険者お1人ずつで算定します。
納めていただくのも、お1人ずつ、清川村に納めていただきます。

1.加入者(被保険者)について

(1) 75歳以上の方

すべての方が被保険者です。
ただし、生活保護を受けている方などは、被保険者とはなりません。

(2) 一定の障害がある65歳〜74歳の方

詳しくは村窓口にお問い合わせ下さい。 なお、加入にあたっては、村窓口を通じて申請し、広域連合からの認定を受けていただく必要があります。
(75歳になるまでは、後期高齢者医療制度に加入した後でも、お申し出により脱退することができます。ただし、さかのぼっての脱退はできません。)


神奈川県内にお住まいで、上記の(1)または(2)に該当する方は、それまで加入していた国民健康保険や健康保険組合などから脱退し、後期高齢者医療制度の被保険者となります。

●資格を取得する日(被保険者となる日)

75歳の誕生日当日から資格を取得します。
※一定の障害があると認定された65歳から74歳の方は、認定された日から資格を取得します。

2.制度の運営について

 神奈川県後期高齢者医療広域連合(以下、「広域連合」と記します。)が運営します。
後期高齢者医療制度においては、都道府県ごとに、県内全ての市町村により「後期高齢者医療広域連合」という組織を設立し、市町村と協力して運営することとされており、神奈川県においても、県内の市町村全てが参加しています。

● 広域連合と市町村の役割分担

広域連合
・保険証の交付
・保険料の決定・医療を受けたときの給付など
を行います。

市(区)町村
・申請、届け出の受付や相談  
・保険証の引渡し   
・保険料の徴収    
など窓口業務を行います

3.保険証(被保険者証)について

(1)被保険者になると、お一人ごとに交付されます。
   年齢到達により加入された場合、保険証は、原則、郵送でお誕生日の前の月に送付されます。

(2)保険証をお受け取りになったら、次のことにご注意ください。
  1、記載内容は正しいですか?
    もし、間違いがあれば村窓口にご連絡ください。
  2、貸し借りをしないでください。
  3、なくしたり、破れたりした場合、再交付します。
    村の窓口に申請してください。
※有効期限までも、世帯の構成や所得状況の変化などによって、一部負担金(窓口負担)の割合が、1割から3 割、あるいは3割から1割に変更になる場合があります。その場合は新しい保険証をお送りしますので、古い 保険証は返却してください。

お問い合わせ先 税務住民課 TEL 046-288-3849
〒243-0195  神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2216番地 電話046-288-1211(代表)